4分の1の時間で英語をマスター!

カランメソッドとは

カランメソッドは、1960年にイギリスで生まれた英語学習メソッドです。もともとは英語を母国語としない人々にために考案された勉強法ですが、その画期的で効果的なメソッドは世界中で認められ、今では世界30カ国、500校近くが導入、カランスクール・ロンドン本校では1日あたり2000人以上の生徒が英語を学んでいる、ヨーロッパ最大規模の私立英語学校となっています。

カランメソッドの特徴

レッスン方法

カランメソッドのレッスンは”先生からの質問に対して生徒が回答する”というシンプルな パターンの繰り返しでレッスンが展開されていきます。 この反復練習の基本パターンは DMEでも採り入れています。 反復練習という誰にでもできるシンプルな手法を基本と し、発音、書き取り、リーディング、Examなどが組み込まれ、総合的に英語を学べるメソッ ドになっています。

ネイティブスピードへの順応

先生は生徒のレベルに合わせてゆっくり話すことはしません。先生は常にネイティブ(英語 を母国語とする人)の話す速度で話します、最初は慌ててしまうかもしれませんが、数回の レッスンで慣れていきます。聞くということに集中する結果、知らないうちにリスニング 能力がついていきます。

英語脳を作り出す

先生の質問に対してすぐに回答する。これは反射的に、「英語で理解して英語で話す」英語脳を作ります。 私たち日本人は英語を聞いたとき、まず頭の中で日本語に訳してしまいがちですが、語学をマスターするためには考えずに話すことを学ばなければなりません。カランメソッドのレッスンは日本語で考えることを強制ストップさせ、瞬間的に英語に英語で対応する能力が必ず身につくのです。

4倍の英語量で、4倍速く英語を学ぶ

カランメソッド以外のレッスンの場合、レッスン中生徒が英語を聞いたり話している時間はレッスン時間の25%ほどで、後は先生の話を聞いていたり、他のことを考えたりしています。しかしカランメソッドでは常に先生と生徒の間で質問・回答によるやりとりが行われるため、レッスン時間のほぼ100%英語を聞いたり話したりしています。カランメソッドでは1時間のレッスン中、生徒は約12600もの英単語を聞いたり話したりしていますが、これが通常の学習法となると、1時間にわずか3000単語ほどになります。単純に考えても、レッスン中に4倍多く英語を聞き、話すので、4倍の速さで英語を学ぶことができます。

カランメソッドの実績

ロンドンのカランスクールでは生徒全員に、万が一、「ケンブリッジ英検プレリミナリー」の試験 に 予想された時間数で合格できなかった場合、合格するまで無料レッスンを与えることが書かれた法的に有効な保証書を発行しています。 カランメソッド以外の勉強方法を採用した生徒が350時間で合格するのに対し、カランメソッドで学習した生徒は4分の1の時間にあたる約80時間で合格しています。
1960年の誕生以来、50年間で世界30カ国、500校近くがカランメソッドをカリキュラムと して導入しています。

カランメソッドとDMEどっちがいい?

イングリッシュベルは2008年5月のサービス開始ととも、日本で初めてカランメソッドをオンライン英会話に導入しました。 今までとはちがう画期的な学習法、英会話の上達を実感するカリキュラムを追求したイングリッシュベルのサービスは多くの生徒さまからご好評をいただきましたが、カランメソッドに関して生徒さまへアンケートをお願いしたところ、たくさんの好意的な感想をいただいた反面、以下のような疑問点、要望、改善のご意見もいただきました。

カランメソッドへの疑問・要望・改善(お客様の声)

● カランメソッドでは現代では使用しないような古い英語表現を学ぶことについて疑問と抵抗がある。
● 戦争や自殺など、ネガティブな内容やナンセンスな質問が多いため、あまり人には勧められない。
● スタート時は簡単に感じるが、ステージ1中盤をすぎてから急に長文がでてきたり、難度が上がる。
● 最初から最後まで、先生からの質問に答えるレッスン形式に飽きて、途中でギブアップしてしまう。
● スピーキングやリスニングには効果があると思うが、英文を作成する学習、グラマーが不足している。

これらの生徒さまからのお声に気づいていたのは、他でもないカランスクールでカランメソッドを教えていた先生たちでした。先生たち自身の間でも疑問点があったこと、改善の必要性を感じたことが理由となり、誕生したのがDMEです。 カランメソッドを長年教えていた先生たちのチームにより、開発されたDMEは、生徒さまからの声を反映し、新たに作られた進化版カランメソッドともいえます。

ダイレクトメソッドに深く関わりをもつイングリッシュベルのスタッフやネイティブ先生も、DMEを初めて目にしたとき、感動したことはいうまでもなく、カランメソッドで足りないと思われた部分などがパワーアップされ、初心者にも配慮し、英会話上達がより効果的に実感できるメソッドに仕上がっているという結論に達しました。 DMEはカランメソッドの長所を引き継ぎながら、カランに対しての疑問、要望、改善など、生徒さまからのフィードバックを採り入れて新たに作られたメソッドであるといえます。

カランメソッドは今でも世界中で使用されており、4分の1の時間で英語をマスターできるというデータに基づく証明が数多くあり、効果的なメソッドであることに疑問の余地はありませんが、同時に改善すべき点があるのも事実です。

イングリッシュベルではカランメソッドとDMEの両方をご提供することによって、生徒さまご自身で比較ができるメリットがあると考えています。 また、途中でもう片方に切り替えるということにも柔軟に対応でき、イングリッシュベルではそのような生徒さまも多くいらっしゃいます。

まずはお気軽に無料レッスンをお試しください。